いろいろな産み場所・方法 −《産前産後のあれこれ》

6つの産み場所の特徴
 産み場所の種類は、規模によって大きく6つに分けられます。施設の規模とスタッフの人数は正比例します。でも、ケアが手厚くあたたかいか、出生数が多いかは、施設の大きさには関係ありません。

大学病院
 大学病院は医療者の教育機関としての性質があるので、研修医が多い。
担当が決まりにくい。NICU(新生児集中治療室)や最先端の器具や高い医療技術や検査法を持つ。医療の介助が必要なリスクの高い母子の場合は安心。出産方法や方針は施設によって違い、オリジナル出産が実現できる施設はまだすくない。

総合病院
 100人以上が入院できる設備があり、内科、外科、脳外科、循環器科、小児科など、産婦人科以外の専門家も併設されている。リスクのある妊産婦が多い施設の場合は、NICUや最新型の医療機器があるなど、未熟児対策も万全で病理に対する管理には手厚い。母子別室が多い。オリジナル出産の実現の可能性は産院ごとに違うが、まだすくない。

病院、専門病院
 婦人科が専門で、入院ベットが20床以上で複数の医師がいれば「病院」と呼ぶ。産科と婦人科を併設しているところが殆ど。小児科を併設しているところもあり、分娩を扱わない婦人科中心の施設もある。院長と病院の経営者が異なる場合と一緒の場合がある。分娩がどの医師になるかわからないことが殆ど。

診療所、専門医院
 ベット数19床以下、一人以上の医師が常にいれば診療所(医院)と言う。産婦人科の専門医が一人以上いて、入院ベットが19床以下だと「医院、診療所、クリニック」と呼ぶ。クリニックや診療所は、院長の方針=ケアの方針。自分の希望を上手にアピールすれば、オリジナル出産が実現する可能性は高い。

助産院
 助産師には、病院や医院など施設に雇われる勤務助産師と、自宅出産の介助をする出張助産師、自分の助産院を持つ開業助産師がいる。助産院では正常産しか扱わないため、妊娠中にリスクのない健康な妊婦だけが出産できる。各助産院ごとに産婦人科の嘱託医と契約している。妊娠中の2回の血液検査は、嘱託医のいる病院や医院など医療機関で受けることが多い。ほとんどが母子同室。母乳ケアが手厚い。

自宅
 施設を持った開業助産師や、施設を持たずに活動している出張助産師を家に呼んで出産するケース。正常産のみを扱うので、リスクのない妊婦が選べる。医学的なバックアップをしてもらえる病院とも事前に関係づくりをしておくことが大切。妊娠中の2回の血液検査は、嘱託医のいる病院や医院など医療機関で受ける。健診は自宅で。健診で異常があった場合は、医師の診察を受ける。分娩中に医療介入が必要になった場合は、病院へ移動する。


 「えらぶお産」大葉ナナコ/河出書房新社 より引用


【けんこう】産前産後のあれこれに戻る

Posted by tetoteto at 2004/11/20